15作目は子育てするプリキュア誕生

15年目の新シリーズは『HUG(はぐ)っと!プリキュア』2018年2月4日スタート(C)ABC-A・東映アニメーション
(C)ORICON NewS inc.

 プリキュアシリーズ15周年目の節目の年、2018年2月4日にスタートする『HUGっと!プリキュア』(毎週日曜 前8:30)のキャラクターや物語の設定、各種ビジュアルが発表された。今作のプリキュアは「子どもを守るお母さん」がモチーフ。中学生の女の子が、赤ちゃんのため、人のため、世界のため、伝説の戦士プリキュアに変身して悪と戦う。

【画像】キュアエールに変身後のビジュアルや設定画

 主人公は、新学期で転校してきた中学2年生の野乃はな。同い年の子と比べると背が低くて子どもっぽいけど、イケてる大人のお姉さんになることを目指している。転校初日は前髪を切り過ぎるわ、遅刻はするわで大失敗。でも、なんだかすてきな出会いもあったり、また明日からの日々に胸躍らせていたところ、空から降ってきた不思議な赤ちゃん「はぐたん」と、そのお世話係(?)のハムスター「ハリハム・ハリー」と出会う。

 そこへ「クライアス社」という悪い組織がはぐたんの持つ「ミライクリスタル」を狙って現れ、怪物を出して襲ってきた。「はぐたんを守りたい!」というはなの強い気持ちによって新たなミライクリスタルが生まれると、はなは「元気のプリキュア・キュアエール」に変身。ミライクリスタルとは、この世界にあふれている明日をつくる力・アスパワワの結晶。これが奪われてしまうと、みんなの未来が無くなってしまうのだ。みんなの未来、そしてはぐたん。大切なものを守るためのキュアエールの物語が幕を開ける。

 キュアエールと一緒に戦うのは、はなのクラスの学級委員長、薬師寺さあやが変身する「知恵のプリキュア・キュアアンジュ」と、はなのクラスメイトでフィギュアスケートのスター選手だった輝木(かがやき)ほまれが変身する「力のプリキュア・キュアエトワール」。なお、はぐたんと一緒にはなのもとにやってきたハムスターのハリーは、人間体に変身するとものすごいイケメン(イクメン)になるという。今後のビジュアル公開が楽しみだ。

 プリキュアシリーズはこれまで15年間「戦うヒロイン」を描いてきたが、「一番身近な“おかあさん”こそ女の子にとっての“つよく”“やさしく”“カッコイイ”ヒロイン像を体現しているのではと考え、本作では“子どもを守るおかあさん”としてのプリキュアを描いていきます」と、梅田和沙プロデューサー(ABCアニメーション)。

 愛情・友情・親愛を示す行為である『HUG(ハグ)=だっこ』をその名に冠する新しいプリキュアは、不思議な赤ちゃん、はぐたんを守り育てるため、襲いかかってくるワルモノたちとの戦いや、日々のお世話に大忙し。その一方で、「中学生の女の子として自分自身とも向き合い、これまでのシリーズで描かれてきた“友情”“夢”といったテーマも変わらず丁寧に描いていきます」(梅田P)。

 内藤圭祐プロデューサー(東映アニメーション)も「めちゃくちゃ多忙な日々ではありますが、めちゃくちゃパワフルに突っ走ってゆく、そんなプリキュアの姿を通して“なんでもできる!なんでもなれる!”“未来は無限大!”というめちゃくちゃポジティブなメッセージを届けたい」と話している。

(提供:オリコン)

更新時間:2017年12月27日 06:00