旧優生保護法下の不妊手術強制問題で無料電話相談を受け付ける 愛知県弁護士会
接続中

旧優生保護法の下での知的障害がある人らへの不妊手術強制問題で、愛知県弁護士会は25日、無料電話相談を受け付けています。

愛知県弁護士会による無料電話相談の受け付けは2回目で、17日に東京や宮城などの70代の男女3人が不妊手術の強制を巡る全国で2件目の訴えを起こしたことを受けて行われました。強制的に不妊手術を受けた人からの相談だけでなく、その親族からの情報提供なども受け付けています。電話番号は052-223-2355で午後4時までです。

更新時間:2018年5月25日 12:20