ドライバーにチョコレートを渡して交通安全を呼び掛ける啓発活動 名古屋市緑区

2020年2月14日 12:09
 バレンタインデーの14日、ドライバーにチョコレートを渡して交通安全を呼び掛ける啓発活動が、名古屋市緑区で行われました。


 「交通安全チョコッとバレンタインデー大作戦」と名付けられたこの啓発活動は、緑警察署が実施しました。

 先月に死亡事故が起きた緑区潮見が丘の交差点の周辺で、近くの病院や銀行などに勤める女性たちが、ドライバーにチョコレートを渡しました。

 チョコレートには「チ」と「ョ」と「コ」から始まる交通安全のメッセージが書かれています。

 愛知県内の今年の交通事故による死者は13日までに21人となっていて、前の年の同じ時期と比べ9人増えています。

これまでに入っているニュース