災害時に販売店の車を活用 高齢者支援も トヨタが愛知県と協定締結

2020年1月14日 16:55
 トヨタ自動車と愛知県内の系列の販売店は災害が起きた時に、販売店の車を活用するなどして住民をサポートする協定を愛知県と結びました。


 この協定は「防災サポート」や「移動支援」「交通安全」など5つを柱にしています。

 災害時にはトヨタ自動車の販売店を避難所として住民に開放するほか、電動車から電気の供給をします。

 「移動支援」では移動手段のない高齢者などを対象に「乗り合いバス」などの導入を検討します。

 協定は去年の台風15号で被害受けた千葉県で、トヨタ自動車や現地の販売店が行った支援をもとに、愛知県との間で結ばれました。

これまでに入っているニュース