喫茶店の店長にナイフのようなものを突きつけ現金27万円奪って逃げる 愛知県愛西市

2020年1月13日 23:21

 愛知県愛西市の喫茶店で、客を装って入ってきた男が店長にナイフのようなものを突きつけ、現金約27万円を奪って逃げました。


 警察によりますと、13日午後5時20分ごろ、愛西市内佐屋町の喫茶店、珈琲幸房B Lien(ビーリアン)で、店に入ってきた男に店長の男性が「もう閉店なんです」と伝えたところ、男が突然、ナイフのようなものを突きつけ「金を出せ」と脅しました。

 店長がレジの中にあった現金約7万円を渡したところ、男は近くにあった財布も奪って逃げました。

 当時、店には客はおらず、店長1人だけで、財布の中には店の売上金約20万円が入っていたということです。

 逃げた男は30代ぐらいで身長170センチぐらい、黒色のニット帽に黒色のジャンパー、緑色っぽいズボンをはいていたということです。

 警察は、強盗事件として男の行方を追っています。

これまでに入っているニュース