名古屋城で早春の花・ロウバイが見頃 「蝋細工」と「梅」に似ていて付いた名前とも

2020年1月13日 19:12
 名古屋城で、早春の花・ロウバイが見ごろを迎えています。


 名古屋城の二之丸では、花の中央部が赤紫色になるロウバイと、全て黄色いソシンロウバイ合わせて10本が先月末に開花し、見頃を迎えました。

 ロウバイは中国原産の木で、蝋細工のような質感とともに、梅の花に似ていることから、この名前がついたとも言われています。

 ロウバイの甘い香りが漂う中、訪れた観光客らは2センチほどの可憐な花をカメラにおさめていました。

 名古屋城のロウバイは、2月初旬まで楽しめるということです。

これまでに入っているニュース