NHKの集金名簿の情報使い窃盗か 逮捕された元集金業務委託先の会社社長の男

2019年11月9日 01:54

 NHK名古屋放送局から受信料の集金業務を委託されていた会社の社長の男が窃盗の疑いで逮捕され、集金名簿の情報を使ったという趣旨の供述をしていることがわかりました。


 逮捕された藤井亮佑容疑者(29)は9月、別の男と共謀し、警察官になりすまして愛知県春日井市の女性(82)の自宅からキャッシュカードを盗んだ疑いがもたれています。

 藤井容疑者は、NHK名古屋放送局の受信料集金業務を委託されていた会社の社長で、捜査関係者によりますと、容疑を認めていて、集金名簿の情報を使ったという趣旨の供述をしているということです。

 NHKは、「受信契約者の情報が悪用された疑いがあるため、警察の捜査に協力している。委託先事業者への指導をさらに徹底する」としています。

これまでに入っているニュース