名古屋の歓楽街「錦三」で働くクラブのママたちが消防訓練 放水やAEDを体験

2019年11月8日 23:27

 9日からの「秋の火災予防運動」を前に、名古屋の歓楽街でクラブのママさんたちが参加して、消防訓練が行われました。


 参加したのは、中区の歓楽街・通称「錦三」で働くクラブのママさん、28人です。

 訓練は、南海トラフ地震が起き、ビル4棟から同時に出火したという想定で行われ、ママさんたちは空気を含んだビニール袋をかぶって煙を吸い込むのを防いだり、ホースを使って放水したりする体験をしました。

 また、負傷者を救出し、AEDを使って蘇生させる手順を確認しました。

これまでに入っているニュース