空港の商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」開業1周年で整備体験など新イベント

2019年10月11日 06:03
 12日に1周年を迎える中部空港の商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」に、新たな体験イベントが加わります。


「フライト・オブ・ドリームズ」は、10月12日(土)に開業1周年を迎えますが、来場者は初年度の目標であった150万人を上回り、既に160万人に達しているということです。

 愛知県の国際展示場や、LCC向けの第2ターミナルが出来た相乗効果もあったとみられるということです。

 開業1周年を記念して、13日(日)からは、制服を着て空の仕事の体験が楽しめる「エアラインスタジオ」に新たに「整備士」の仕事が追加され、11月からはフライトシミュレーターに大型貨物輸送機「ドリームリフター」の操縦体験も加わるということです。

これまでに入っているニュース