飼い猫を殴るなどした疑いで書類送検された40代男性を不起訴処分 岐阜地検

2019年9月11日 01:02

 飼っていた猫を殴るなどしたとして、動物愛護法違反の疑いで書類送検された男性について、岐阜地検は不起訴処分としました。


 9日付で不起訴処分となったのは、岐阜市内の40代の男性です。

 男性は、2018年4月から5月までの間に、自宅で飼っていた猫1匹に対し殴るなどしたとして動物愛護法違反の疑いで7月に書類送検されていました。

 岐阜地検は不起訴処分の理由を明らかにしていません。

これまでに入っているニュース