女子中学生が自殺した問題 再調査委員会設置のための条例案など審議 名古屋市議会

2019年9月10日 19:31

 名古屋市の9月議会が10日始まり、名東区の女子中学生が自殺した問題で、再調査委員会を設置する条例案などが審議されます。


 名古屋市名東区で去年1月、中学1年だった斎藤華子さん(当時13歳)が自殺し、遺族が「いじめが原因だ」と訴えている問題を受け、市は再調査委員会を設置するための条例案を9月議会に提出しています。

 また、名古屋駅とささしまライブを結ぶ地下道を整備した場合、店舗やイベントスペースを作れるかどうかなどを調査する費用として1500万円を盛り込む補正予算案も審議します。

 名古屋市議会の9月議会は、来月10日までです。

これまでに入っているニュース