横断歩道示す道路標識が折れ小学6年の男子児童にあたりけが 岐阜市の歩道

2019年9月10日 19:28
 10日夕方、岐阜市の歩道で道路標識が折れ、下校中の小学生がけがをしました。


 10日午後4時すぎ、岐阜市古市場の歩道で、「児童が落下した標識で負傷した」と小学校の関係者から警察に連絡がありました。

 警察によりますと、横断歩道を示す道路標識が根元から折れ、下校していた小学6年の男子児童の右ひざにあたり、けがをしたということです。

 男子児童は、標識が「後ろから倒れてきた」と話しているということです。

 折れた道路標識にはさびた部分もあるということで、警察は折れた原因を調べています。

これまでに入っているニュース