「愛知で大きく成長できた」 吉田沙保里さんに愛知県県民栄誉賞贈られる 

2019年8月13日 19:23
 1月に現役を引退した元レスリング選手の吉田沙保里さんに愛知県県民栄誉賞が贈られました。


 吉田さんは現役時代に大府市の至学館大学を練習拠点として、オリンピック3連覇を含む16大会連続で世界一を達成するなどしていて、受賞は「愛知県民に勇気と希望を与えたこと」などが理由です。

 記念品に、世界大会で16連覇の金メダル、個人戦206連勝の勝ち星をイメージしたプレートなどが贈られました。

 吉田さんは「出身の三重県と同じくらいの年数を愛知県で過ごさせてもらって、ここで大きく成長できたので、そのことも考慮されて愛知県県民栄誉賞をいただけたと思う。大変うれしく思う」と話しました。

 愛知県県民栄誉賞は浅田真央さん、故星野仙一さんに続き3人目です。

これまでに入っているニュース