夏の甲子園 三重代表・津田学園が2回戦で強豪・履正社と対戦 7-3で敗れる 

2019年8月13日 12:20
 夏の高校野球2回戦。三重の津田学園が大阪の履正社と対戦しました。


 津田学園のマウンドは好投手の前。1点を先制され、迎えた3回。5本の長短打を集められ、6対0と大きくリードを広げられます。

 5回に1点を返し迎えた6回。満塁のチャンスでキャプテン石川がセンターへ犠牲フライ。6対2と点差を縮めます。

 このあと1点を奪われますが、8回、7番小林。ライト前へタイムリーヒット。再び4点差とします。

 しかし反撃もここまで。津田学園は7-3で敗れ、2回戦で姿を消しました。

これまでに入っているニュース