名古屋市の議員報酬問題に結論 市長の800万円案は否決 年1455万で据え置きへ

2019年3月15日 19:00
 名古屋市の議員報酬を年800万円に引き下げる河村市長の条例案が名古屋市議会で否決されました。


 名古屋市の議員報酬は現在、特例条例で年額1455万円になっています。

 河村市長は年800万円に引き下げる条例案を、自民・民主・公明の3会派は現在の年1455万円を維持する条例案を、また、共産党は来年度1年間のみ年800万円にして、有識者らで適正額を検討する条例案を議会に提出していました。

 そして15日、議席の過半数を占める自民・民主・公明の3会派の案が可決され、河村市長の案は否決されました。

 河村市長は市議の報酬を来月の市議選の争点にした上で、改めて800万円にする条例案を提出する方針です。

これまでに入っているニュース