豚コレラ発生の岐阜県畜産研究所で防疫措置が完了 研究所としての機能はほぼ停止
岐阜県美濃加茂市の県畜産研究所で豚コレラが発生した問題で、防疫措置が完了しました。
美濃加茂市前平町の県畜産研究所では、5日飼育する豚2頭が豚コレラに感染しているのが確認されました。岐阜県などは施設内の約500頭を殺処分した上で、汚染物を埋めたり敷地内を消毒したりする防疫措置を行い、作業は7日午後3時半ごろに完了しました。畜産研究所ではブランド豚の種豚の飼育や品種改良などを行っていましたが、当分の間、研究所としての機能はほぼ停止するということです。
更新時間:2018年12月7日 19:12