名古屋・名東区 住居侵入と窃盗容疑で男と少年を逮捕 男は窃盗グループの主犯格か 
名古屋市名東区の住宅に空き巣に入り、現金およそ48万円などを盗んだとして窃盗グループの主犯格とみられる男ら2人が逮捕されました。
窃盗などの疑いで逮捕・送検されたのは、愛知県小牧市の会社役員・井上麻由容疑者(33)と18歳の少年です。警察によりますと、2人は7月名古屋市名東区の住宅に侵入し、現金約48万円や腕時計など105点、時価総額約165万円相当を盗んだ疑いがもたれています。警察は2人の認否を明らかにしていません。警察は、井上容疑者が覆面姿でバールなどを使い侵入盗や自動車盗を繰り返すグループの主犯格とみて調べています。
更新時間:2018年10月12日 12:26