愛知・設楽町 「奥三河天狗なす」の出荷始まる
愛知県設楽町で伝統野菜に認定されている「奥三河天狗なす」の出荷が始まっています。
「奥三河天狗なす」は普通のナスの約5倍の大きさがあり、まれに天狗の鼻のような形のものができることなどから名づけられました。愛知県設楽町のJA愛知東では生産者など約10人が集まり、JAの職員から栽培から出荷までの注意点などについて説明を受けていました。JA愛知東では名古屋市や浜松市などに約1万5000本の出荷を予定しています。
更新時間:2018年7月12日 19:47