来月閉店の名古屋の老舗百貨店「丸栄」で、最後の貸衣装大処分市始まる
接続中

来月末で閉店する名古屋・栄の老舗百貨店「丸栄」で、閉店前最後の貸衣装大処分市が17日から始まりました。

この処分市は丸栄の名物となっている毎年恒例の催事で、会場には約2万着が並べられています。初日の17日は開店と同時に多くの客が訪れていて、丸栄の会社設立75周年にちなんで設定された750円のウェディングドレスや、七五三用のセット商品などに人気が集まっていました。大処分市は22日までです。

更新時間:2018年5月17日 13:17