祖母のアパートの部屋に放火した疑い 孫の男を逮捕

三重県四日市市で祖母の住むアパートに火をつけたとして20歳の孫の男が逮捕されました。

警察によりますと、現住建造物等放火の疑いで逮捕された三重県四日市市の無職・加藤智也容疑者(20)は、16日午後1時40分ごろ四日市市塩浜の祖母が住むアパートの部屋でシャツにライターで火をつけ部屋を燃やした疑いが持たれています。この火事で祖母の部屋が全焼するなどしましたが、祖母は外出中でけが人はいませんでした。加藤容疑者はその後「自分が火をつけた」と110番通報し現場付近で緊急逮捕されました。調べに対し加藤容疑者は容疑を認め、「家族と離れようと考え、放火すれば刑務所に行けると思った」と話しているということです。

更新時間:2018年4月17日 01:05