戸籍謄本や住民票の写しなどを発行するサービスが始まる 三重・桑名市の郵便局
接続中

三重県桑名市の郵便局で、戸籍謄本や住民票の写しなどを発行するサービスが始まりました。

サービスが始まったのは桑名市内の5つの郵便局で、このうち桑名正和郵便局では桑名市の伊藤市長も出席してテープカットが行われました。5つの郵便局では、戸籍謄本や住民票の写し、印鑑登録証明書など7種類の証明書を発行します。窓口ではさっそく証明書の発行を求めて手続きをする人たちの姿が見られました。証明書の発行サービスは、三重県では大紀町、度会町、紀宝町に次いで桑名市が4例目です。

更新時間:2018年4月16日 19:24