名古屋城天守閣木造復元の専門部会で座長が市を非難 石垣調査の中断への対応で
接続中

名古屋城天守閣の木造復元について話し合う専門部会が開かれ、座長が、自身の発言を巡って石垣調査が中断したことに対する名古屋市の対応を非難しました。

石垣調査を巡っては天守閣部会の瀬口哲夫座長が「石垣部会は安全性を考えていない」と発言したため、一時中断しました。14日は石垣調査の中断についての資料が提示され、瀬口座長は経過について名古屋市に説明を求めました。市側は天守閣部会と石垣部会の双方への理解を示す説明をしましたが、瀬口座長は「詭弁だ」として市の対応を非難しました。

更新時間:2018年2月14日 13:03