児相から警察へ情報提供に2日 2歳長男に睡眠導入剤を飲ませた疑いで37歳母親逮捕
接続中

児童相談所から警察への情報提供に2日かかっていました。

愛知県大府市米田町の無職立石映里容疑者(37)は4日、2歳の長男に睡眠導入剤などの薬を大量に飲ませ殺害しようとした疑いがもたれています。長男は急性薬物中毒の症状を起こしましたが命に別状はありません。立石容疑者は警察の調べに対し「長男に複数の種類の薬を飲ませた」などと供述しています。また警察などによりますと、4日に病院から報告を受けた大府市はその日のうちに児童相談所に連絡しましたが、児童相談所は6日午後になって警察へ情報提供したということです。児童相談所は取材に対し「安全確認や治療を優先し、医師の診断を待ってから情報提供した」としています。

更新時間:2017年12月7日 19:06