小学生が命の尊さについて学ぶ授業が行われる 助産師が講師 三重・尾鷲市
接続中

三重県尾鷲市で、小学生が命の尊さについて学ぶ授業が行なわれました。

尾鷲市の宮之上小学校で行われた「いのちの教室」の講師は助産師です。命の尊さについて学び相手を思いやる気持ちを育むことが目的です。参加した児童は胎児の人形を抱っこしました。おなかの部分に重りが入った「妊婦ジャケット」を着る体験も行われ、赤ちゃんが生まれる前の大変さについて学びました。

更新時間:2017年11月14日 19:52