警視庁職員が自作自演の「誘拐」メッセージ送信 名古屋
接続中

9月、警視庁の20代の女性職員が自分が誘拐されたと装う虚偽のメッセージを父親に送り、愛知県警が一時、捜査をしていたことがわかりました。

捜査関係者によりますと、9月20日、警視庁の20代の女性職員が自分が誘拐されたと装い、身代金5000万円を要求する嘘のメッセージを名古屋市内に住む父親の携帯電話に送信しました。父親からの通報で愛知県警は誘拐事件として捜査を始めましたが、約6時間後に女性職員が実家に帰り自作自演だったことがわかりました。女性職員は当時、帰省していて、メッセージを送信する前日に家族と口論になっていたということです。警察は偽計業務妨害の疑いもあるとみて捜査しています。

更新時間:2017年10月13日 17:23