トヨタ自動車が国内で販売する車種を大幅に減らす方針 2020年代半ばをめど
接続中

トヨタ自動車が2020年代半ばをめどに国内で販売する車種を大幅に減らす方針です。

トヨタ自動車は12日、名古屋市内で全国の販売店の代表者を集めた会議を行いました。販売戦略の見直しとして売れ筋の車種の開発に力を入れ、2020年代半ばをめどに販売車種を大幅に減らす方針です。また現在トヨタの国内販売店はトヨタ・トヨぺット・カローラ・ネッツの4系列がありますが、2018年1月からは都道府県別に営業担当者を配置し系列の枠を超えて地域のニーズに合った販売戦略を立てていく方針だということです。

更新時間:2017年10月12日 19:56