恒例の「名古屋みなと祭」3000発の花火が夜空に

海の日の17日、名古屋港で恒例の「みなと祭」が行われ、3000発の花火が夜空を彩りました。

今年の「名古屋みなと祭」の花火大会は、名古屋港の開港110周年を記念するスターマインで幕開けしました。会場にはおよそ600の屋台が並び、36万人の見物客でにぎわいました。大小合わせて3千発の花火が夜空を彩り、訪れた人を魅了していました。

更新時間:2017年7月17日 23:47