道の駅に「白いツバメ」が現れ話題に 岐阜・飛騨市
接続中

岐阜県飛騨市の道の駅に「白いツバメ」が現れ、話題になっています。

「白いツバメ」が現れたのは飛騨市古川町にある道の駅「飛騨古川いぶし」です。この道の駅では春になると多くのツバメが飛来して巣を作り子育てをしていて、車だけでなく「ツバメも利用する道の駅」とうたい毎年温かく見守っています。2017年も多くのヒナがかえっていますが、その中で2週間ほど前から「白いツバメ」が姿を見せ始めました。他のツバメとは明らかに違い、頭から尻尾まで全身真っ白です。朝早くや夕方に時折現れ、運が良ければ出会えるかもしれないということです。

更新時間:2017年7月17日 19:40