大垣の住宅と銀座高級時計店の強盗事件、当時19歳の男に懲役10年判決 

2024年7月10日 19:17
岐阜県大垣市と東京・銀座の高級時計店で起きた強盗事件で、強盗致傷などの罪に問われた事件当時19歳の男に懲役10年の判決が言い渡されました。

 横浜市の当時19歳の男は2023年5月、東京・銀座の高級時計店に押し入って腕時計など74点約3億円相当を奪った罪と、大垣市の住宅に侵入し住人に大けがをさせた上現金約2200万円が入った金庫などを奪った罪に問われていました。

 10日の判決で岐阜地裁は、「岐阜事件の実行犯を誘い、自らの判断で電話で具体的な指示を出すなど、単なる伝達役以上の役割を果たした」「銀座事件は岐阜事件に関わったことで自ら招いた事態である」「白昼堂々と行われた犯行で、一般人に恐怖心を与えるなど社会的影響も大きい」などとして、懲役10年を言い渡しました。

これまでに入っているニュース

もっと見る

これまでのニュースを配信中