名古屋・西区の歩道で男性死亡 傷害致死容疑で逮捕された男性を不起訴処分

2024年4月2日 22:48
 名古屋市西区で2023年12月、男性にけがをさせ、その後、死亡させたとして逮捕された男性について、名古屋地検は不起訴処分にしました。

 3月29日付で不起訴処分になったのは、名古屋市西区の男性(52)です。

 警察によりますと、男性は2023年12月、西区の歩道で当時62歳の男性の頭蓋骨にけがをさせ、急性硬膜下血腫により死亡させたとして、2024年1月に逮捕されました。
 そして、2月、処分保留で釈放されていました。

 名古屋地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

これまでに入っているニュース

もっと見る

これまでのニュースを配信中