ドラゴンズ中田翔「打点に価値を感じている」 チームメイトはすでに歓迎ムード「心強い」

2023年12月6日 17:34
中日ドラゴンズに入団する中田翔選手の入団会見が6日に行われ、意気込みを語りました。

中田翔選手

 6日午前10時半、市内のホテルには20台以上のカメラ、約30人の記者たちが詰めかけ注目度の高さがうかがえます。

 中田翔選手は2007年大阪桐蔭高校から日本ハムに入団し、2年前巨人に移籍。

 来シーズンからドラゴンズの一員になります。

 プロ16年でホームラン通算303本、シーズン100打点越えを5度達成しています。

 一方のドラゴンズはチームのホームラン数が5年連続で12球団ワースト、打点も4年連続で12球団ワースト。

 “強竜打線”という言葉も今は昔。

 貧打が足を引っ張り今シーズンは球団史上初の2年連続最下位に。
 

立浪和義監督

立浪監督「ここ一番で打ってくれる選手」
 得点力不足のドラゴンズにとって待望の勝負強い長距離バッターの加入は、いやが上にも期待が高まります。

「いま本当にフレッシュな気持ちというか、また一から頑張りたいという気持ちでいっぱいです。いままでずっと打点にこだわってやってきた中でホームランを40本、50本打てれば越したことはないが、僕は打点に価値を感じているので一番はそこです」(中日ドラゴンズ 中田翔選手)

「ここ一番で打ってくれる選手なので当然期待はしています」(立浪和義監督)
 
 年俸は推定3億円で、背番号はあの落合博満さんが選手時代に付けた6番です。
 

柳裕也投手のSNSより

入団会見の前日には柳投手と食事も
 濱田隼アナウンサーが気になっていた質問をぶつけます。

「好きな名古屋めしは?」(濱田アナウンサー)
「やっぱり手羽先。手羽先は名古屋の食べ物ですよね。手羽先大好きです」(中田選手)

「どんな選手と一緒に行ってどんな話をする?」(濱田アナウンサー)
「きのう柳投手と会って、いろいろな話をさせてもらった。彼も優勝に対してすごく貪欲に話をしていたのですごくいい話ができたと思う」(中田選手)

 5日夜、柳裕也投手と食事をするなど、すでにチームメイトは歓迎ムードです。
 

柳裕也投手(5日放送 ドデスカ!より)

柳投手「うれしいというか心強い」
 柳投手は5日の「ドデスカ!」に生出演した際、中田選手について――

「すごくうれしいというか心強いです。代打も多かったと思うがその中で勝負強い」( 柳裕也投手)
 

涌井秀章投手(6日放送 ドデスカ!より)

 6日の「ドデスカ!」に生出演した涌井秀章投手は――

「(おごった総額は?)行く人数が多めなので、けっこういっていると思います」(涌井秀章投手)
 
 涌井投手は後輩によく食事をおごると話していました。

「涌井投手は食費の負担が減るかもと…」(濱田アナウンサー)
「全面的に協力しようかな。涌井さんと僕が行く時は出してもらわないと困りますけど協力しようかなと思ってます」(中田選手)
 

野球少年からは期待の声

野球少年「弱いので来てくれてうれしい」
 名古屋の野球少年たちにも話を聞きました。

「ドラゴンズがちょっと弱いので来てくれてうれしい」(小学4年生)
「すごく良い選手だと思うのでドラゴンズに入ってくれてうれしい。活躍してくれるのを期待している」(小学3年生)
「サヨナラホームランとかファインプレーの守備とか見たい」(小学5年生)
 

野球少年たちからエール

 バンテリンドームの近くにある公園で練習に励む少年たちからも期待する声が――

「1試合にホームラン2本以上を打つシーンが見たい」(小学3年生)
「パワーがありそうでいつもホームラン打っているからかっこいいところが好き。まずはリーグ優勝が見たいけど日本一になれば良いなと思う」(小学4年生)
「ドラゴンズは今ピッチャーはとても良いけど打撃があんまり…。長打が出なかったり、大事なところでの1本が出なかったりする。長打や大事なところでの1本を中田選手に打ってほしい」(小学6年生)

(12月6日15:40~放送メ~テレ『ドデスカ!+』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る

これまでのニュースを配信中