• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

「最強寒波」でJAFへ救援依頼500件 スタッドレスタイヤでもきかない氷の道

2023年1月25日 17:47
 ロードサービスをおこなうJAFでは、この冬一番の「最強寒波」で救援の依頼が多数入っていました。スリップやバッテリー上りなど、JAFの活動に密着しました。
 名古屋市中村区にある基地では、午前7時半ごろ、愛知県あま市で救援の依頼が入りました。

 現場に向かうと、T字路でスリップし、田んぼに右半分が落ちている自家用車が。

 運転手は、この冬一番の寒気が来るという情報を受け、先週のうちにタイヤを冬用のスタッドレスに履き替えていました。

 「広い道から左折する際に減速はしていたと思うが、ブレーキを踏んだ際にそのまま遠心力で右に流れてしまって田んぼに落ちたという。ぱっと見、濡れている路面に見えるが実際に歩いてみると完全に氷の上の状態で滑ってしまう。歩いていても転んでしまうような状態になっています」(JAF愛知支部 名古屋西基地 宇津野啓さん)

 早速、車を引き揚げたいところですが、バランスを崩すと、田んぼに落とす危険があります。

 「完全に右側が落ちているので、もう1台レッカー車を呼んで2台で前と後ろで引っ張りながら引き出そうと思います」(JAF愛知支部 名古屋西基地 宇津野啓さん)
 

T字路でスリップした車

T字路でスリップ「濡れている路面に見えて歩いてみると完全に氷の上」
 待つこと約20分、もう一台の車両が到着しました。

 融雪剤をまくと、上空は晴れていてもなかなか溶けない氷がみるみる水へと変わっていきました。

 依頼主の車の前と後ろの両側をそれぞれウインチとつなげ、ゆっくりと引き上げていきます。

 作業開始から約20分、無事車を引き上げることができました。

 「寒波と聞いていたので早めに家を出ました。スピードは出していなかったが、止まり切れなかったです。無事でよかった、ありがたいです」(車を運転していた会社員)

 大きな傷もなく、走行できることがわかりました。

 「今回は濡れているようで凍結している。普段のスピードでも止まり切れない、十分速度をひかえて、スタッドレスタイヤでもきかない氷の道なので普段よりももっと意識して速度を控えて安全運転してほしい」(JAF愛知支部 名古屋西基地 宇津野啓さん)
 

500件の救援依頼(25日午後3時まで)

救援依頼500件、バッテリー上りも
 運転席にもどると、すぐに次の救援依頼が入ってきました。

 バッテリー上がりです。

 24日までは問題なくエンジンが始動していた、といいます。

 「バッテリーも年数使っているのと寒さでかかりが、特にディーゼルエンジン車は電気を使うのでかかりが悪くなることが多くなると思います」(JAF愛知支部 名古屋ロードサービス隊 名古屋西基地 宇津野啓さん)

 JAF愛知支部では、25日午後3時までに500件の救援依頼が入ったということです。

(1月25日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る