• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

競泳・今井月、初詣は「水泳以外お祈りしていない」 世界水泳へ自信「最高の年にしたい」

2023年1月5日 17:24
 2024年のパリ五輪を目指す競泳の今井月選手(22)。新年への願いを胸に、地元・岐阜での初詣を取材しました。

東京ドームスポーツ所属 今井月 選手(22)

 「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と元気いっぱいの笑顔でお正月を迎えた競泳の今井月選手。

 新年への願いを胸に、地元・岐阜で初詣に出かけました。

 「ご縁がありますように」と5円にさらに100円を合わせた105円をさい銭箱へ。
 

「水泳のこと以外は何もお祈りしていない」(2023年元旦撮影)

復活を印象付けた2022年 初詣も「水泳のこと以外は何もお祈りしていない」
 2022年は、専門種目の200m平泳ぎで大きな成長を見せた今井選手。

 2022年8月、ラストインカレで中学3年以来の自己ベストを記録するなど復活を印象付けた1年となりました。

 そんな今井選手が、元日に祈ったことはやっぱり「水泳」。

 「水泳のこと以外、何もお祈りしていないです。すごく良い1年だったので去年は、それを上回る良い年になりますようにというのと、あと世界水泳があるので世界水泳の代表にしっかり入って、世界で活躍できますようにとお願いしました。生き生きしていますよね、いろんな人に生き生きしてるねと言われる事が多くなって自分もそう感じているので、一層いい1年になるんじゃないかなと自分でも思っています」(東京ドームスポーツ所属 今井月 選手)

 神社におみくじは無かったものの、気持ちの中では「絶対にもう大吉、いや中吉でいいや」とも。

 「来年は大吉」と自信をのぞかせました。
 

世界水泳の代表入りを狙う今井選手

世界水泳の代表入りへ「自分で自分を裏切らないように最高の年にしたい」
 2日には新年初泳ぎへ。

 2023年夏、22年ぶりに日本で開催される世界水泳。

 まずは、その代表選考となる4月の日本選手権で優勝を狙います。

 「選考会まであと3カ月、1日も無駄にできないので、1試合1試合レベルが上がった自分をしっかり見せられるように練習も頑張っていきたいですし、日本選手権では自信を持って臨めるように準備していきたいと思います。でも本当に、自信があるというか、凄く良い年になるんじゃないかと自負している部分があるので、自分で自分を裏切らないように最高の年にしたいなと思っていますし、メインはパリ五輪の年になってくるので、良い形で2024年を迎えられるように2023年も頑張りたいと思います」(今井月 選手)

(1月5日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』「じもスポ!」コーナーより)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る