• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

【W杯】一足早く「日本対スペインの熱い戦い」 イベリコ豚と松阪牛の極上料理での対決の行方は

2022年12月1日 19:16
ワールドカップ、日本代表が決勝トーナメント進出をかけたスペイン戦を前に、この地方では”前哨戦”ともいえる「おいしい戦い」が繰り広げられました。
 運命の一戦を前に、三重県のテーマパークでは試合の前哨戦とも言える熱~い戦いが繰り広げられました。

「三重県志摩市にある志摩スペイン村では、一足早く日本対スペインの熱い戦いが行われました。それは、サッカーではなく…料理対決なんです!」(記者)

 戦いの舞台となったのは、スペインの街並みが再現された「志摩スペイン村」。「日本対スペイン料理対決」と題し、Twitter上で、11月30日夕方までの24時間、投票を呼び掛けました。

 訪れた人に予想を聞くと「スペイン!」「日本かな、日本食が好きだから」と真っ二つ。

 絶対に負けられない!?日本対スペインの料理対決!

 日本代表は、三重が誇る松阪牛を使った「松阪牛重」。

 対するスペイン代表は、スペイン料理の定番パエリヤにスペイン産のイベリコ豚を使った「イベリコ豚のパエリヤセット」。
 

前哨戦で盛り上がる「志摩スペイン村」

絶対に負けられない!日本対スペインの料理対決
 Twitter上でも盛り上がりを見せ、途中経過はスペインが優勢!果たして勝敗のゆくえは・・・

「どちらも魅力的な商品なので、引き分けぐらいを予想していたが…6対4でスペイン料理のパエリアが勝ったという結果でした」(志摩スペイン村広報担当 下世古元宏課長)

 勝ったのはスペイン!応募総数1365票中6割の票を獲得し、勝利をおさめました!

 この結果に、見事戦いを制したスペイン料理の店、レストラン「アルハンブラ」山本里恵さんは「スペイン料理が大好きなので、スペインが勝ってとてもうれしいです」。記者がW杯はどっちを応援?…と尋ねると「複雑な気持ちですけど、料理対決ではスペインが勝ったので、W杯では日本が勝ってほしい」と話しました。

 一方、惜しくもあと一歩及ばなかった日本代表「松阪牛重」の「的矢」岩本利和さんは「お互い、すごい料理を提供してくれたなぁということで期待はしてたんですけど、悔しいですね。やっぱりスペイン村ということで、スペイン日本関係なく両方応援したい」とエールを送りました。

 勝ったメニューは、12月2日に先着10組限定で半額で提供されるということです。

 志摩スペイン村の下世古課長は「個人的にはもちろん日本ですが、どちらもいい結果になって最終的には日本もスペインも、どちらも喜べるようなW杯になるといいなと感じています」と話しました。

(12月1日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る