• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

【26日の本番ドキュメント】秋空に描いたスモークアート ブルーインパルスが愛知県民を魅了

2022年11月28日 17:13
ブルーインパルスが26日、愛知県内6カ所で展示飛行を行いました。秋空に描かれたスモークが県政150周年のお祝いムードを演出。地上では多くの人たちが空を見上げていました。
 おとといの名古屋城。みなさんのお目当ては――

「一生に一度名古屋城とブルーインパルスを合わせたいなぁと」(観覧者)

 

ブルーインパルスの展示飛行ルート

名古屋城に1万5000人集まる
 ブルーインパルスです。県政150周年を記念して行われた展示飛行で、航空自衛隊の小牧基地を出発し、岡崎城などを経由。

 名古屋城周辺で演目を実施しました。

 その姿を一目みようと、おととい、名古屋城には、約1万5000人が来場。

 コロナ以降11月としては1位となる来場者数です。

「やっぱり、鯱と重なる感じで見たいからね」(千種区 観覧者)

「愛知県民の誇りですから。この場所で飛んでくれるって、もうこれ生きてても、見れないかもしれないしね」(観覧者)
 

名古屋城の上空を飛ぶブルーインパルス

華麗なアクロバット飛行
 そして、迎えた出発。

 午後1時30分ころ 愛知・岡崎城
「あ、きたきた!」(岡崎城の観覧者)

 午後1時30分すぎ 愛知・豊橋市
「きたきたきた!」(吉田城址の観覧者)

午後1時40分すぎ 名古屋城
「いま、名古屋城の上空にブルーインパルスがやってきました」(小坂記者)

 午後1時30分過ぎ、スモークをたいたブルーインパルス6機が、名古屋城上空に姿を見せました。

 その最高速度は、時速およそ1040キロ。

 全国の航空自衛隊の飛行機部隊から選ばれ、華麗なアクロバット飛行を披露する専門チームです。

 6機で桜の花を描く演目や、傘が開くように5つの方向に広がる演目が披露されました。

「いや~いいですね~いいです。生きててよかったなぁと思って。最初のあれが(機体の登場)もう、体震えますね」(観覧者)

「(おとといが誕生日)すごいいいプレゼントをもらったので航空自衛隊の方にありがとうございます。と言いたいですね」(観覧者)

「これなんかキレイに撮れたかなと、うまいこと名古屋城と。年賀状に使おうと思います」(観覧者)

「相当な方が見ていただいたのでは、100万人どころじゃないと思いますね。大変な迫力だったと思います」(大村知事)

(11月28日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る