• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

無料エリアでもジブリの世界観 ベンチに作品に登場するキャラに関連する「オブジェ」

2022年10月6日 19:32
11月1日に開園する「ジブリパーク」は、無料エリアでもジブリの世界を楽しめるようになります。

 ジブリパークは日時指定の予約制で1日の定員は5000人前後です。

 そこで、ジブリパークでは、チケットが必要ない無料エリアでもジブリの世界を楽しめるようにすると言うことです。

 愛・地球博記念公園内のベンチ15基に、ジブリ作品に登場するキャラクターのアイテムをモチーフにした「オブジェ」が設置されます。

 また、名古屋市内にあった料亭から、移設し復元した「稲楼門」が設置され、「千と千尋の神隠し」に登場する、建物を彷彿とさせる場所になると言う事です。

 公園のメインゲート近くにオープンする「ロタンダ風ヶ丘」は、カフェテリアや売店を併設しジブリグッズを買うことができます。

 県は、ジブリパークへは公共交通機関の利用を呼びかけています。

これまでに入っているニュース

もっと見る