• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

子供も要注意 “猫背” スマホやゲームで前かがみに、万能ストレッチで改善

2022年9月30日 07:39
気付くと、ついなってしまう「猫背」そのまま放置してしまうと、肩こりだけではなくさまざまな影響が!すぐ始められる対策も聞いてきました。
 猫背に悩んでいるのは、大人だけではありません。名古屋市の中学1年生、ももかさんも猫背に悩んでいます。

「結構前から姿勢が悪いって言われてたけど去年あたりから自分でも(姿勢が悪いと)思ってきた」(ももかさん)

 猫背になったと思う理由がこちら

 「すっごい姿勢悪いよね。ちょっと上げてみたら?画面」(母 まいさん)

 目線はiPadを上にもちあげるももかさん。

「(原因は)iPadです。見るときに下のほうで見てて目線が下にいってそれで肩とかも下にいってるのかなって思います」(ももかさん)

「iPadは家族共有にしてあって30分の間だったら見てもいいよっていう風にはしてて…(約束より)時間は過ぎますけど」(母 まいさん)

 もう1つが吹奏楽部で担当しているアルトサックスです。

「楽器が重いから背中が丸くなって、それで楽譜があってそれを見ようとして前かがみになったりします。背中がまっすぐじゃないと余計に暗く見えて、印象が良く(見られ)ないのかな」(ももかさん)
 

ももかさんの1日のスケジュール

姿勢は“時間”がキーワード 長時間同じ姿勢はダメ
 猫背を治すにはどうしたらいいのか、整形外科医で姿勢の研究などを専門とする、北里大学の高平教授に聞いてきました。

 ももかさんの姿勢を見てもらうと…。

「軽く少し猫背のようにも見えますね。治る可能性が十分あります」(北里大学・整形外科医 高平 尚伸教授)

「日常生活の1日の中で『時間』っていうのが非常に重要になってくるキーワードです、姿勢を語るうえでは」(高平教授)

 そこで、ももかさんに普段どれぐらいの時間、どんな姿勢で過ごしているか、1日のスケジュールを書いてもらいました。

 学校では、座って勉強する状態が、およそ7時間。部活動では、座ってサックスを首から下げている状態が、およそ2時間でした。

 家では、タブレットやテレビを見ている状態が、2、3時間ほど。

 タブレットは、床に座ったり寝そべったりして見ることが多く、テレビは椅子や座椅子に座って見ることが多いといいます。

「ほとんど座ってますね。猫背のような姿勢、あるいは猫背に限らず状況にもよりますが同じ姿勢を長時間するのが良くないんですね」(高平教授)

「お尻がすとんと下に落ちてるから割座してるかもしれませんがそうしますと猫背になりがちですね。さらに頭が前にいってるので首の方も猫背になってますので長時間だと負担がかかります」(高平教授)

「サックスを吹く姿というのはどうですか?」(鈴木アナ)

「これ(この映像)は姿勢はいいんですけど、かなり楽器も重いと思いますので負担がかかっている可能性があるかな。どんなにいい姿勢でも同じ姿勢で長時間いるっていうのはそれなりに負担がかかりますので」(高平教授)

「例えば(猫背に)主婦の方もなりやすい。お料理したりするときの台の高さが低いとかがみがちですので。お掃除も下向いて猫背になってやりがちだと思う」(高平教授)
 

猫背は3タイプ

猫背のタイプは3つ
 高平先生によると、猫背は3つのタイプに分けることができ、それぞれ出やすい症状が違うといいます。

 もっとも多くの人がなっているというのが「首猫背」です。

「最近ではやはりスマホですね。スマホに夢中になっちゃうと頭を前に出して、こうやりがち…この状態が長く続くと(首猫背に)なりやすいです」(高平教授)

 正常な状態では首の骨の配列は前にカーブしていますがその骨の配列がまっすぐになってしまうのが首猫背です。ストレートネックとも言われます。

 首猫背の人は、首のこりや痛み、ひどいときは肩の痛みや後頭部痛。さらには頭痛・めまいを発症する場合もあるといいます。

「スマートフォンを見たりとか本を読んだりするときにどうしても前かがみになってしまうけどそれはどうしたらいい?」(鈴木アナ)

「ちょっとこり始めたなとか症状が出てきたことがあれば意識して1回戻す、リセットして戻して、ちょっと運動するとか身体を動かすのを例えば30分に1回とか決めて頂いてもいいしそういう症状が出たらその都度やってもいいし」(高平教授)

 例えば座る場合、長時間同じ姿勢でいることは避け、30分に1回は座り直すなどリセットすることが大切だといいます。

 続いて、背中ねこ背。

「若い女性に多く見られると思います。反り腰がこれの中に入りますね『姿勢は悪くないし、むしろいいんじゃないの』とそういうふうに勘違いをしやすいタイプです」(高平教授)

 背中猫背は、背骨のカーブが正常な状態より強く曲がっています。背中が丸まっている状態です。症状は腰痛や背中の痛み。ひどい場合はヘルニアや圧迫骨折のリスクもあります。

 かかとの高いヒールや机に頬杖をつく姿勢など腰を反らす体勢をとりがちな人が、なりやすい猫背です。

 3つ目が、腰猫背。

「腰を曲げる仕事長期間続けている方とか腰に負担のかかる仕事の方はそうなりやすいですね」(高平教授)

 腰猫背は、本来カーブしているはずの腰の骨がまっすぐになっている状態です。主な症状は腰の痛み。

 また背中や膝の痛みにつながることもあり、ひどいと骨に負担がかかって変形するリスクもあるといいます
 

万能ストレッチ 1分壁押し体操

万能ストレッチで“猫背” 撃退! 固まった筋肉を伸ばすというのが大事
 猫背を改善するために大切なことは…

「凝り固まった筋肉を伸ばすというのが大事なんです」(高平教授)

 3つのタイプの猫背、すべてに改善が期待できる万能ストレッチがあるといいます。それが…

「壁の角の所ですね、ここを使います」(高平教授)

 3種類の体勢を20秒ずつキープする、『1分壁押し体操』!

「自分の肩幅ぐらいのところに両手をこちらとこちらに当ててみてください」(高平教授)

「片足をどちらか前に出して頂いていいですか。そのとき腕は伸ばしておいてください。右の足をもうちょっと後ろに…そうですね。で、前の膝が曲がりますね」(高平教授)

「そこから、グーッと膝をまず前に曲げていきましょう。そのときにひじは伸ばしたままで上を向きます。グーッと上を向いて腰をずっと低く」(高平教授)

 この体勢を20秒キープ。ポイントは身体の前の面の筋肉が伸びているのを意識しながら行うこと。

「あ~ なるほどなるほど。首から左足のつま先にかけてグーッと伸びてますね。」(鈴木アナ)

 そして2つ目の体勢は、両ひじを曲げ、上半身を壁の角に近付けていって、20秒キープ。

「かなり胸が開いたような感じがします」(鈴木アナ)
 

猫背撃退 ストレッチと筋トレ

 最後は、背面の筋肉を伸ばすストレッチ。前に踏み出した足のつま先をあげます。おなかを覗き込むように頭を下げてこれも20秒キープして終了です。

 この1分壁押し体操を1日1セットから行いましょう。

「このストレッチをやっていれば猫背は改善されますか」(鈴木アナ)

「実はそれはちょっと違います。凝り固まった筋肉に対しては伸ばす必要があって、普段使ってない弱った筋肉は逆に鍛えないとダメなんです姿勢を保つための筋肉をトレーニングする必要があります」(高平教授)

 大事なのは「ストレッチ」プラス「筋トレ」!その方法というのが、壁の目の前でおこなうスクワットです。

「肩幅ぐらいに足を広げて頂いていいですか後頭部に両手を、後ろに結んでくださいお尻を出しながら曲げていきます。そのときにお腹に力を入れて凹ませてください。なるべくお尻を後ろに出して下がります」(高平教授)

 ポイントは、背中の筋肉に力を入れる意識をすること!壁を使うことで前かがみになるのを防ぎ、まっすぐな姿勢を保つための筋肉を鍛えます。

 これを、1日3、4回から行いましょう。

「このスクワットで主に背中の筋肉とあと座り続けたときに落ちやすい股関節まわりの筋肉を鍛えていることになります。これが姿勢を保つための筋肉なんですね」(高平教授)

(9月29日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』鈴木しおりの一歩前へより)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る