• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

台風15号 中心より北側に発達した雨雲 24日朝の最接近より前に東海3県は大雨に

2022年9月23日 21:11
台風15号の今後の進路、そして愛知県で発生した線状降水帯について冨永幸気象予報士の解説です。(23日午後7時30分)

台風15号は23日午後6時現在、潮岬の南、約130kmの海上にあり、北北東に時速20kmで進んでいて、24日朝にかけてが東海3県に最も近づくタイミングなりそうです。

そして24日の日中は進路を東寄りに変えて、夜には関東の沿岸部付近まで進む見込みです。

ただ現在の台風の位置に雲の様子を重ねてみますと、台風の中心付近よりも北側に雨雲が発達していて、東海3県では既に雨のピークを迎えた状態になっています。この雨雲が抜けるまで警戒が必要です。

雨雲レーダーを見てみます。23日正午から動かしてみると、かなり活発な雨雲が、最初は三重県でしたが、夕方ごろには特に愛知県にかかり続ける形になりました。広い範囲で激しい降り方になりました。

これによって愛知県では初めて「顕著な大雨に関する情報」が発表されました。これは線状降水帯が発生したという情報です。具体的な位置を見ると海上から渥美半島、そして西尾市や幸田町にかけての辺りで発生したと見られます。

これまでに入っているニュース

もっと見る