• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

交際相手と共謀して夫を殺害したなどの罪、弁護側が無罪主張「重大な事実誤認がある」 控訴審

2022年9月22日 19:26
愛知県稲沢市で交際相手と共謀し、夫を殺害した上、住宅を全焼させて遺体を燃やすなどしたとして、1審で無期懲役の判決を受けた女の控訴審で、弁護側は無罪を主張しました。

 名古屋市の無職、菅井優子被告(54)は6年前、当時の交際相手で懲役30年の刑が確定した受刑者の男(68)と共謀し、稲沢市の住宅で当時の夫の角田幸司さん(当時60歳)を刃物で殺害した上、住宅を全焼させ遺体を燃やすなどした罪に問われています。

 1審は無期懲役の判決を言い渡し、弁護側が控訴していました。

 22日の控訴審で弁護側は、「共謀はなく、重大な事実誤認がある」として無罪を主張しました。

 一方、検察側は「控訴棄却が相当」と主張し、結審しました。

 判決は、11月11日に言い渡される予定です。

これまでに入っているニュース

もっと見る