• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

ドラ注目の若竜・高橋宏斗&岡林勇希「カワイイとアホは紙一重」「僕を後輩だと…」いじり愛の信頼関係

2022年9月1日 17:29
 シーズンも佳境に入ったドラゴンズ。立浪監督就任後、若い選手を積極的に起用し徐々に変わり始めたチームの中で、ピッチャー・バッターそれぞれの若手注目選手、高橋宏斗投手と岡林勇希選手に迫りました。

高橋宏斗投手と岡林勇希選手

 若手の成長が著しい立浪ドラゴンズ。

 まずは「投」の注目、中京大中京高校出身、2年目の高橋宏斗投手。

 ファンからは「一番見ていて安心できるピッチャー」「堂々と投げて頑張っていて、すごい」と言った声が聞こえてきました。
 

高橋宏斗投手

「投」の注目選手・高橋宏斗投手「人生初の大吉のおみくじは今も財布に」
 2022年の元日、初詣で引いたおみくじは人生初の大吉。

 その効果もあってなのか、今シーズンは開幕から先発ローテーションの一角として活躍を続けています。

 「大吉のおみくじは今も財布に入っています。去年、ずっとケガをしていて試合で投げられていなかったので、そのことを考えると大吉の効果出ています」(高橋宏斗 投手)

 2022年4月に、プロ初勝利をあげた背番号「19」。

 デビュー戦から積み重ねてきた三振の山、8月にその数は100個に達しました。

 初登板から14試合目での到達は、なんと大谷翔平選手(22試合目)や田中将大投手(16試合目)などメジャーで活躍してきた大投手たちよりも速いペースなんです。

 「そう考えるとすごいですね…まだまだこれからなので、しっかりとバッターを抑えられるように、あまり気にせず頑張りたいです」(高橋宏斗 投手)
 

高橋宏斗投手

20歳の誕生日を迎えた未来のエースは「カタラーナが好き」
 日々成長を遂げる高橋投手、実は甘いものには目がないそうです。

 「僕、カタラーナが好きで。スシローのカタラーナを食べて目覚めました」(高橋宏斗 投手)

 スペイン発祥のカスタードスイーツ・カタラーナにハマっているんだとか。

 「なかなか売ってないです。カタラーナとブリュレは違うんですよ、僕の中で。カタラーナじゃないとダメなんです」(高橋宏斗 投手)

 8月9日、「野球の日」に20歳の誕生日を迎えた未来のエース。

 「みなさんからおめでとうという言葉をいただきました。自分としても勝ち越せるようにしっかりと貯金を作れるように頑張りたいです。あとは、100安打打った岡林くんに聞いてください」(高橋宏斗 投手)
 

岡林勇希選手

「打」の注目選手・岡林勇希「スーパースターのおでましでーーす!」
 高橋投手が名前をあげた『岡林くん』が「打」の注目選手です。

 「かわいい!すごいかわいい!」とファンが選ぶカワイイランキング2位、三重県の菰野高校出身3年目の岡林勇希選手。

 今シーズン、初の開幕スタメンを勝ち取った岡林選手は8月31日までチーム最多、1試合をのぞく全ての試合(全117試合中116試合)に出場。

 チームを救う守備やここぞという場面での一本など、存在感を示し続けています。

 「前半へばって失速した部分もあったんですけど、何とか持ちこたえて今こういう状態なので1年間すごく良い経験をさせてもらっています」(岡林勇希 選手)

 8月、初のシーズン100安打到達。

 さらに、「レギュラーの証」とも言われている規定打席にも初めて達しました。

 これは、ドラゴンズの高卒3年目以内の選手では、立浪監督以来、32年ぶりの快挙です。

 「1つの目標としてやってきたので自信になりましたし、素直に嬉しい気持ちでいっぱいです」(岡林勇希 選手)
 

岡林勇希選手

ファンが選ぶカワイイランキング2位の岡林に高橋「一番納得できない」それでもプレーでは信頼
 カワイイと評判の20歳は、ファンのみならずチームメイトからも愛されているんです。

 「一番納得できないです。この方は、僕的には。カワイイとアホって紙一重ですからね」(高橋宏斗 投手)

 注目ピッチャー・高橋投手から痛烈ないじりを受けていますが、実は岡林選手の方が学年は1つ上。

 「あいつは、僕のこと後輩だと思っているので、僕も先輩だと思って接しています」(岡林勇希 選手)

 それでも、プレーでは信頼しあう関係性。

 後輩・高橋投手が登板した試合では、先輩・岡林選手が強肩を活かしたレーザービームで得点を阻止。

 「肩も強いですし、守備範囲も広いので岡林さんの所に飛んだ時は『よし、1アウトだ』と思って自分も投げていますね」(高橋宏斗 投手)

 「2年目とは思えないようなピッチングをしますし、持っているものもすごいですし、その中で自分たちが何とか援護をしてあげたいなっていう気持ちになります」(岡林勇希 選手)

 いじり、いじられながらもお互いに尊敬しあう2人、これからのドラゴンズを引っ張っていく投打の柱から目が離せません。

 ※高橋宏斗投手の「高」ははしご高が正式表記

(9月1日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』じもスポ コーナーより)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る