• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

岐阜県内で新たに感染3555人感染 5人死亡、13件のクラスター認定

2022年8月16日 18:27
岐阜県では16日、新たに3555人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。先週の火曜日と比べ1170人の減少で、県によりますとお盆休みの影響で検査数が減っているということです。

岐阜県庁

地域別では岐阜市で740人、各務原市で253人、大垣市で233人、可児市218人、多治見市で194人、高山市で187人、関市で156人、中津川市で117人、美濃加茂市で114人、羽島市で109人、などとなっています。

また、5人の死亡が確認されました。瑞穂市の80代女性、各務原市の70代男性、岐阜市の90代男性、岐阜市の70代男性、岐阜市の70代女性の5人です。

岐阜県は、新たに13件のクラスターを認定しました。うち、高齢者福祉施設が11件、障害者福祉施設が2件となっています。岐阜県内では重症化しやすいケースを中心に調査し、クラスターを認定しています。

15日時点で県内の病床使用率は52.3%(前日比−0.6)、重症者数は1人(前日比−1)宿泊療養施設の使用率は60.9%(前日比−3.1)、自宅療養者数は過去最多の21703人(前日比−695人)、新規陽性者数(10万人対7日間移動合計)は1126.22人(前日比+18.9人)となっています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る