• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

三重県で342日ぶりに病床使用率が60%超える 新型コロナ 医療機関などで4つのクラスター

2022年8月15日 17:08
三重県では15日、新たに1309人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。病床使用率は342日ぶりに60%を超えました。

 地域別では、四日市市で222人、津市で205人、鈴鹿市で134人、松阪市で132人、桑名市で125人、伊勢市で105人などとなっています。

 県内では70代の女性と80代の男性の2人の死亡が確認されました。いずれも基礎疾患があり、死因は新型コロナでした。このうち80代の男性は自宅療養中に容態が急変し、親族が救急車を呼びましたが、その場で死亡が確認されたということです。

 また、1つの障害者施設と、3つの医療機関の合わせて4カ所で新たにクラスターが確認されています。

 病床は14日より4床増え、565床になりましたが、病床使用率は15日午前9時時点で61.1%となっていて、2021年の9月7日以来342日ぶりに60%を超えました。

 重症者は1人で、自宅療養者は2万4486人となっています。

これまでに入っているニュース

もっと見る