• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

7月に歩道陥没事故の中日ビル 地下の掘削現場に再び土砂が流れ込む 遮水壁作り対策も再発

2022年8月12日 15:52
名古屋市中区で7月に、中日ビルの建て替え工事で地下に土砂が流れ込み歩道が陥没した事故で、同じ現場で12日、再び土砂が流れ込みました。
 12日午前6時ごろ、中日ビルの地下3階の工事現場で、作業員が、土砂が流れ込んでいるのを見つけました。

 工事を担当する竹中工務店によりますと、流れ込んだ土砂は5立方メートルほどで、けが人や付近の歩道への影響は確認されていません。

 現場では、7月26日にも掘削工事により土砂が流れ込み、付近の歩道が陥没する事故がおきていて、遮水壁を作るなどの対策を講じていました。

 竹中工務店は、安全確認がとれるまで、付近の歩道を規制するとともに、さらに再発防止に努めるとしています。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る