• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

ユニークすぎる”精霊馬がSNSで話題!近未来的なナスの「バイク」にキュウリの「九冠馬、ガンダム」も

2022年8月11日 18:08
 この時期によく見かける、野菜でできた、お盆飾り。ご先祖さまを迎える、伝統的なお供え物ですが、最近ではオリジナリティあふれる「作品」の数々がSNSなどで話題になっています。
 “キュウリ”と“ナス”で作られた、ちょっと変わったお供えもの。お盆飾りのひとつ、「精霊馬」には一体、どんな意味があるんでしょうか?

「13日の夕方にご先祖さまが浄土、仏教でいう天国のこと、浄土から地上に里帰りのように帰ってくる。(緑区鳴海町では)15日の夕方に今度は浄土、天国に戻られる。その往復に使う “乗り物”が精霊馬」(円道寺 山口浩導 住職)

 「精霊馬」は、“あの世”と“この世”を行き来するための“乗り物”。

 地域や宗派などによって異なりますが、お供え物や提灯とともに、飾ることが多いそうです。
 

一般的な「精霊馬」キュウリが馬、ナスが牛と言われている

「精霊馬」形の意味は?
「キュウリでつくるのが馬、ナスで作るのが牛」(円道寺 山口浩導 住職)

 ご先祖さまには、足の速い“馬”に乗って、早く帰って来てほしい。

 そして、戻る時は、牛に乗って、ゆっくりと帰ってもらいたい、そんな願いが込められているそうです。

 

【左】「キュウリの飛行機」と「ナスの船」(提供:アヲハルさん)【右】キュウリの九冠馬(提供:醤油皿さん)

ユニークな精霊馬たち
 “キュウリの馬”、と、“ナスの牛”が定番となっている精霊馬ですが、最近では、ユニークすぎるものが続々登場。

 SNSの投稿を見てみると、“キュウリの飛行機”に“ナスの船”。さらに…“ナスの新幹線”まで。馬や牛と比べると、暑くても道中が快適そうですね。

 こちらは、“キュウリの馬”なんですが、競馬のG1レースを総ナメした、九冠馬。なんだかとっても速そう~。

 また、“キュウリ”や“ナス”以外の野菜で作られたモノまで登場。

 ここでちょっと気になるコトが。オリジナルのアレンジは、どこまで許されるのでしょうか?

「う~ん…どうでしょう。馬じゃないとダメだというのは、僕は聞いたことがないです」(円道寺 山口浩導 住職)

 

同朋大学仏教学 福田琢 教授

アレンジはどこまで許されるの?
 念のため、仏教が専門の大学教授にも聞いてみると…。

「ナスやキュウリってお経に出てこない。(ナスとキュウリは)夏野菜、季節の野菜ということが1番。昔は動物が乗り物なので、(ナスとキュウリを)動物の乗り物に見立てて霊が乗っていた。決まりはないので、自由にやればいい」(同朋大学 仏教学 福田琢 教授)

 

近未来的なナスのバイク(提供:登龍亭 獅篭)

機械好きの父に…バイクの精霊馬
 専門家からも“お墨付き”をもらったところで再び、個性豊かな精霊馬を、見ていきましょう。

 近未来的な“ナスのバイク”を作ったのは、落語家として活動する、登龍亭獅篭さん。去年亡くなった父親の初盆にと作ったそうです。

「(父親は)機械関係の仕事もしていた時期があった。その時、外国からのバイクを『どうやってこのバイクは走るのか』と全部バラして組み立てたと聞いたので「精霊馬」もバラしている可能性がある。『故人がこういうの好きだったな』と作る乗り物だったら何でも良いんじゃないですか」(登龍亭 獅篭)


 

ガンダムをモチーフにした精霊馬(提供:taka(たか)さん)

精霊馬に込められた大切な人への想い
 こちらは、人気アニメ「ワンピース」の海賊船やガンダムをモチーフに作られた精霊馬。30代という若さで亡くなった弟のために作られたそうです。

「私と弟の思い出がアニメが2人とも好きでずっと見ていた。ガンダムは来る時は”最速で帰ってきてほしい”乗ってきてほしい。という気持ちで作った。サニー号は帰る時はゆっくりいろいろな所を”旅して楽しんで帰ってほしい”と思い制作しました」(精霊馬の製作者 taka(たか)さん)

 オリジナリティあふれる精霊馬には、亡くなった大切な人への想いが込められていました。

「考えてあげることがなによりの供養になるので、(精霊馬など)いろいろ考えてあげてください」(円道寺 山口浩導 住職)

 最近では、ガラス細工や、ロウソクとして使えるものも登場し、人気を集めています。個性的な精霊馬に触れながらご先祖さまに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る