• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

病床使用率が過去最高の愛知 県内全ての医療機関にコロナ患者の入院の受け入れを要請 

2022年8月9日 19:19
愛知県の病床使用率が過去最高となっています。大村知事は、県内すべての医療機関に新型コロナ患者の診察などの受け入れを要請しました。一方、名古屋市は10日から、医師が問診なしで陽性判定を出す「陽性者登録センター」を開設すると発表しました。

 愛知県では9日、1万6940人の新型コロナ感染と19人の死亡がわかりました。岐阜県では過去最多となる4725人の感染と5人の死亡がわかりました。三重県では2590人の感染と4人の死亡がわかりました。

 感染者の増加に伴い、名古屋市は10日から「陽性者登録センター」を開設すると発表しました。自主検査で陽性と判明した場合に、センターにオンラインで申請。常駐の医師が問診をせずに陽性判定をします。そのため、医療機関に行く必要がなくなり、医療機関の負担軽減につながるということです。

 対象は「名古屋市民で申請の際の症状が無症状または軽症」「6歳以上65歳未満で基礎疾患がない人」などとなります。期間は9月30日までです。

 愛知県の病床使用率は79.7%で、過去最高となりました。大村知事は9日、必要な医療体制を確保するため、県内すべての医療機関に対し新型コロナ患者の診察や入院の受け入れを要請しました。

「愛知県の医療機関全体でコロナ患者の引き受けをしていただいて、何とか乗り超えていきたい」(愛知県 大村秀章知事)

(8月9日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)

これまでに入っているニュース

もっと見る