• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

鳥羽水族館でスナドリネコの赤ちゃん誕生 三重県

2022年8月5日 23:38
三重県の鳥羽水族館でスナドリネコの赤ちゃんが誕生しました。

 小さな耳と前足。先月30日に体長およそ20センチ、体重180グラムで誕生した雌のスナドリネコの赤ちゃんです。

 東南アジアなどに生息するスナドリネコは、水かきがついた前足で魚を捕まえることができ、「漁をする」という意味の「漁る」という言葉がその名の由来です。

 水と関係が深いことから8年前から鳥羽水族館で飼育されています。

 お母さんは、今年2月にも2匹を出産した「パール(9)」、お父さんは「サニー(9)」で、今回の赤ちゃん誕生により鳥羽水族館で飼育しているスナドリネコは、5匹になりました。

 赤ちゃんは、飼育員からもらうミルクで順調に成長していて、一般公開は来月を予定しています。

これまでに入っているニュース

もっと見る