• メ~テレNEWS LIVE 24
  • 新型コロナウイルス 東海3県の関連ニュースはこちら

東海3県で新型コロナの感染者は増加傾向続く 高齢者施設や小学校などで集団感染も

2022年7月3日 21:45
 東海3県では3日、合わせて1698人の新型コロナウイルス感染が確認されました。3県とも、感染者数の増加傾向が続いています。

 愛知県では、1164人の感染が確認されました。

 前の日曜日から458人の増加で、前の週の同じ曜日を上回るのは13日連続です。1000人を上回るのは6日連続です。

 自治体別では、名古屋市で441人、岡崎市で66人、豊田市で54人などとなっています。

 また、県内で新たに4件のクラスターが認定されました。クラスターに認定されたのは、津島市の高齢者施設(24人感染)、岡崎市の小学校(12人感染)、名古屋市の学習塾(12人感染)、名古屋市の高齢者施設(18人感染)です。

 岐阜県では、235人の感染が確認されました。

 前の日曜日から123人の増加で、前の週の同じ曜日を上回るのは7日連続です。

 自治体別では、岐阜市で38人、各務原市で36人、高山市で20人などとなっています。

 三重県では、299人の感染が確認されました。

 前の日曜日から117人の増加で、前の週の同じ曜日を上回るのは12日連続です。

 自治体別では、津市で58人、四日市市と伊勢市でそれぞれ48人などとなっています。

 また、80代男性1人の死亡がわかりました。

 病床使用率は、愛知県が15.5%(重症1人)、岐阜県が10.1%、三重県が25.1%です。

これまでに入っているニュース

もっと見る