• メ~テレNEWS LIVE 24
  • メ~テレ参院選2022

ゼロ票確認、記者もやってみた 列の3番目だったが…選挙が始まる瞬間を見た 参院選

2022年6月23日 17:59
 参議院選挙の期日前投票が23日から始まりました。SNS上で「貴重な体験」として話題になる投票所でのゼロ票確認作業。記者もガチ勢に交じり、早朝のゼロ票確認に挑戦してみました。
 愛知県内で設置される163カ所の期日前の投票所。そのうちの1カ所、名古屋市の中区役所。

 記者は30分前に到着しましたが、建物の外ではすでに2人の方が並んでいました。

 「ゼロ票確認ガチ勢ですか?」(前田怜実記者)

 「そうですね。初めてですが一度見てみたくて」(先頭の人)
 

ゼロ票確認の報告をするSNS投稿

「ゼロ票確認ガチ勢」のハッシュタグも
 目的はゼロ票確認。

 公職選挙法では「投票箱が空であることを投票に来た有権者の前で確認すること」が決められています。

 投票日や期日前投票の初日に「空の投票箱を見られる」ということが貴重な経験だとして、SNS上で話題になりました。

 その真剣さから「ゼロ票確認ガチ勢」というハッシュタグまで!

 そこで、投開票日当日は仕事で投票にいけない記者も、ゼロ票確認に挑戦しました。
 

投票所が開く前に並ぶ記者

記者は3番目に
 投票所が開くのは午前8時半、その30分前に到着しましたが…

 「(開始約1時間前の)7時40分に来ました。」(先頭の人)

 「3年前の参議院選挙で1番に来て、気持ちよかったので来ようかなと」(2番目の人)

 記者は…3番目に。「ゼロ票確認は無理か…」と、あきらめたかけたその時!
 

ゼロ票確認へ案内される記者

並んでいる人全員でゼロ票を確認
「こちらの方に確認していただきます」(選管担当者)

 なんと、後ろに並んでいた記者もゼロ票確認をすることができました。

 名古屋市中区では、並んでいる人数によっては、投票開始時刻に来ていた人全員で確認してもらうとのこと。

 “貴重な経験”をし、投票も無事終了です。

 「早起きして貴重な経験できてよかったです」(記者)

 「一度は選挙の始まりをみたかった。こうやって始まるんだなって感じですね」(先頭の男性)
 

投票箱を覗きこみ確認する記者「確かにゼロです!」

 名古屋市では、投票所内での写真撮影は禁止していますが、SNS上では早速、全国の「ゼロ票確認ガチ勢」たちの投稿がありました。

「期日前投票のゼロ票確認にチャレンジしてみた」
「無事に期日前投票の零票確認してきました」

 期日前投票は土日を含む毎日午前8時半から午後8時までで一部を除き、来月9日までです。
 

これまでに入っているニュース

もっと見る