• メ~テレNEWS LIVE 24
  • メ~テレ参院選2022

春夏甲子園の優勝投手→現役プロは18人 最多はドラゴンズの4人 大阪桐蔭の根尾、東海大相模の小笠原…

2022年6月24日 07:10
 7月2日に開幕する高校野球の愛知大会。高校球児なら、だれもが憧れる舞台「聖地・甲子園」。その特別な大会で、優勝投手となった現役のプロ野球選手がドラゴンズには、4人いるんです。

ドラゴンズの甲子園優勝投手

 高校球児憧れの「聖地・甲子園」で、優勝投手となった現役のプロ野球選手は春夏合わせてわずか18人。

 中でもドラゴンズには、12球団最多となる4人の優勝投手がいます。
 

石川昂弥選手

甲子園優勝投手1 石川昂弥(東邦)二刀流で勝利に貢献、平成最後のセンバツ王者
 まずは、愛知県半田市出身、3年目の石川昂弥選手。

 東邦が30年ぶりの優勝に輝いた2019年のセンバツで、石川選手の当時の背番号は1。

 エースとして全5試合に登板、ほぼ1人で投げ抜きました。

 もちろん当時からバッティングもすごく、大会記録に並ぶ1大会3本のホームランを放つなどバットでもチームをけん引。

 二刀流で勝利に貢献し、平成最後のセンバツ王者となりました。

 「優勝旗を手にして、本当に優勝したんだなっていう実感がわきました。打つ方でも投げる方でもしっかりチームの力になれたので良かったかなって思います」(石川昂弥 選手 2019年)

 そんな高校時代、メ~テレのスタジオでスイーツ好きな一面も見せていました。

 「おいしいっす。チョコも好きですけど、甘いものは全部大好きです」(石川昂弥 選手 2019年)

 甘くないプロの世界で、3年目の2022年、開幕スタメンの座をつかむなど、活躍の兆しを見せています。
 

小笠原慎之介投手

甲子園優勝投手2 小笠原慎之介(東海大相模)公式戦初ホームランが決勝弾に
 2人目は、今シーズンも先発ローテーションを守り続けている小笠原慎之介投手。

 2015年、夏の甲子園では、神奈川・東海大相模のエース左腕として躍動。

 決勝戦では9回161球完投し、45年ぶりの全国制覇へ導きました。

 そんな小笠原投手にとって、今なお強く印象に残るのは意外なシーン。

 同点の9回、打席立った小笠原投手が放ったのはホームラン。
 
 この一発が決勝点となりました。

 「公式戦初ホームランがあの決勝弾だったので、すごいところで初ホームラン出たなと思って。投げている思い出より打っている思い出の方が強いですね」(小笠原慎之介 投手)
 

清水達也投手

甲子園優勝投手3 清水達也(花咲徳栄)悲願の初優勝に貢献
 さらに、現在の登板数はチーム2位、中継ぎで大活躍の清水達也投手。

 2017年夏の甲子園、埼玉・花咲徳栄で6試合すべてに登板。

 悲願の初優勝に貢献しました。

 「思い出深い球場というところで、良い思い出がよみがえってきます。大舞台を経験してこれたことは、プロの試合にも繋がっていると思います」(清水達也 投手)

 実は、清水投手がプロ初勝利をあげたのは2019年の甲子園。

 24日からの阪神3連戦で登板すれば、それ以来のマウンド。

 3年ぶりに聖地に立ちます。
 

根尾昂投手

甲子園優勝投手4 根尾昂(大阪桐蔭)センバツ史上初の2大会連続優勝投手
 4人目は、21日に正式にピッチャー登録された根尾昂投手です。

 「高校3年生まではピッチャーをやっていましたけど、プロ野球ではまだピッチャー1年目なので。そこはゼロからの気持ちでというか、吸収できるところは吸収してやっていきたいと思います」(根尾昂 投手)

 2018年、センバツの前年王者として挑んだ大阪桐蔭。

 決勝戦のマウンドを託されたのは根尾投手でした。

 強打の智弁和歌山に対し、三振の山を築いていく「背番号6」。

 9回を投げ切り、2失点完投とセンバツ連覇に大きく貢献、大会史上初の2大会連続で優勝投手となりました。

 「センバツで日本一を目標にやってきたので、今は取れてとてもうれしいですし、全員で守って全員で攻めて全員野球で勝てたことがとてもうれしいです」(根尾昂 投手 2018年)
 
 あれから、4年。

 19日にバンテリンドームがどよめいた本拠地初登板。

 巨人の4番・岡本和真選手を空振りに仕留めプロ初の三振を奪います。

 さらに、22日の試合では、自己最速152キロで空振り三振。

 ここまで4試合連続無失点、新たな一歩を踏み出した根尾投手が存在感を見せています。

 「過去になかなか野手から投手になった例がないっていうのは聞いてはいるんですけど、僕は僕なので。しっかりやれることをやっていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」(根尾昂 投手)

(6月23日 15:40〜放送メ〜テレ アップ!『じもスポ!』より)
 

これまでに入っているニュース

もっと見る