• メ~テレNEWS LIVE 24
  • メ~テレ参院選2022

漏水で発電所一部停止も中電社長「5月中の電力の安定供給に影響なし」「8月まで続くと非常に厳しい」

2022年5月24日 19:31
中部電力の林欣吾社長は24日、愛知県豊田市の取水施設で発生した漏水の影響で発電会社「JERA」が発電量の抑制を行っていることに関して、5月中の電力の安定供給に影響はないとの認識を示しました。

 豊田市の明治用水で発生した漏水をめぐり、工業用水は通常の3割程度の使用が求められています。

 こうした状況を受け、中部電力などが出資する発電会社「JERA」は23日、碧南火力発電所で稼働中の4基のうち、3号機と5号機の運転を25日から停止すると発表しています。

 中部電力の林欣吾社長は24日の会見で、「5月中は電力の安定供給に影響はない」との認識を示しました。

 一方で「(電力需要の増える)8月や夏以降まで今の状態が続くとすれば、非常に厳しい」とも話しました。「いつ回復するのか、どういう状況になるのか、今後注視していかなければならない」としています。

これまでに入っているニュース

もっと見る